Clear Sky Blog

 飛行機の写真など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/18 羽田 特異な運用

先日JALジャンボの最後の運航を見届ける為に行った羽田。しかしものすごい風が吹いていました。珍しい運用があったので紹介します。

rjtt18-2.jpg
2011/02/18 11:00~12:00

まずどのような状況か説明すると34Lと34RがILS進入。いつも通りの北風運用。そんな中でC滑走路がクローズに。34Rへ進入していた2機がミストアプローチしました。

先日当ブログでも紹介したようにILSZ34Rのミストアプローチ経路は埼玉県のKASGAポイントへ向かうもの。到着がかなり遅れてしまいます。
それを防ぐ為か?C滑走路がクローズになってすぐ34Lへの進入がILSからCVAに変更されました。ビジュアルアプローチとなりゴーアラウンドした2機はスムーズに34Lに進入することができました。
この2機が無事進入した後34Lへの進入はCVAからILSに戻りました。

DSCN8534.jpg
その時のミスとアプローチ機の写真。


rjtt18.jpg
2011/02/18 14:00~15:00

RJTT 180530Z 33027G38KT 9999 VCSH FEW020 SCT050 BKN080 12/M03 Q1003 NOSIG RMK 2CU020 3SC050 6AC080 A2962 SH SE-SW

この日はとにかく風がヤバイ。RWY05があまりの横風で使用できなくなりました。その為方向は関係なく出発RWY34R・到着RWY34Lに。D滑走路共用前の羽田を彷彿とさせる運用でした。



ニュージーランドで大きな地震があった。今回は政府も迅速な対応をしたと思う。しかし日本人被災者に対するマスコミの報道に違和感を感じたのは私だけじゃ無いはず。
思えば普賢岳の火砕流ではマスコミのせいで死ななくてもいい人がたくさん死んだ。
阪神大震災ではマスコミのヘリの音で救える筈の命が救えなかった。

職業柄他人の不幸で飯を食っているってのはわかるが・・・もう少しモラルってもんを考えて欲しいと感じました。

※航跡図はすべて飛行コース公開ページより。



スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://th0131.blog134.fc2.com/tb.php/74-0129edbc

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

TH

Author:TH
こんにちは。飛行機写真初心者の写真とMicrosoft Flight Simulator 2004でのフライト記録など。

当ブログのホームページ
banner.jpg
フライトシミュレーターのページ。

Since 2010/06/08

最新記事

カテゴリ

タグリスト

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QR

RJTT METAR

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

アクセス解析

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。